使わなくなったスマホで遠隔見守り

使わなくなったiPhoneやAndroid端末が家に転がっていませんか?

それらのスマホに、LiveCapture3を入れれば、監視カメラの出来上がりです!

わざわざ新しくカメラを購入する必要はありません。

さらに、LiveCapture3 Remoteを使えば、何時でもどこからでも、部屋の様子やペットの様子をリアルタイムで確認できる遠隔監視システムが簡単に実現できます。

必要なアプリは下記の2つです。

  • LiveCapture3
    • カメラ映像を送信する監視カメラアプリ。
    • いらなくなったスマホにインストールして、カメラ映像を送信します。
    • iPhone/Android版だけでなく、Windows10版もあります。
  • LiveCapture3 Remote
    • LiveCapture3からの映像を表示するビューワアプリ。
    • 普段使用しているスマホにインストールしてください。

アプリの取得

カメラ映像を送信する、監視カメラアプリのLiveCapture3 はこちらから取得してください。

App Storeからダウンロード Google Play で手に入れよう

ビューワとなるLiveCapture3 Remoteはこちらから取得してください

App Storeからダウンロード Google Play で手に入れよう

接続方法

LiveCapture3と、LiveCapture3 Remoteの接続は、QRコードを撮影するだけです。

よくあるルータのポート開け設定などは一切不要で、インターネットに接続できる環境であれば、どこに設置したLiveCapture3であっても、LiveCapture3 Remoteで接続して、遠隔監視ができます。

下記は、LiveCapture3 (iPhone/Android)とLiveCapture3 Remoteとの接続方法です

こちらは、LiveCapture3 (Windows10)とLiveCapture3 Remoteとの接続方法です

詳細はこちらの取扱説明書を参照してください。

LiveCapture3常時起動の為の設定(iPhone/iPad)

LiveCapture3を常時起動させておくためには、画面ロックを解除する必要があります。

設定を開き、「画面表示と明るさ」- 「自動ロック」と選択して、自動ロックを「なし」に設定することで、画面がロックされなくなります。

さらに、「アクセスガイド」を使用すれば、LiveCapture3を最前面に固定させることができます。

「アクセスガイド」とは、よく店頭に置いてあるiPhoneなどで利用されており、特定のアプリだけを表示して、他のアプリを触れないようにするiPhoneの機能です。

設定を開き、「アクセシビリティ」-「アクセスガイド」と選択し、「アクセスガイド」をONにします。

アクセスガイドをONにしたら、LiveCapture3を起動して、ホームボタンがある機種はホームボタンを3回押す(トリプルタップ)します。iPhone Xのようにホームボタンがない場合は、電源ボタン(サイドボタン)を素早く3回押します。

うまく押せば、アクセスガイドの開始メニューが表示されますので、開始を選択すると、LiveCapture3が最前面で固定されます。

解除する場合も同様に、トリプルタップすることでメニューが表示されます。

LiveCapture3常時起動の為の設定(Android)

LiveCapture3を常時起動させるために、まずはスリープモードに入らないように設定します。

ただし、通常の設定ではスリープを完全にOFFにすることはできませんので、開発者モードをONにする方法を紹介します。

開発者モードをONにするには、[設定] – [システム] – [端末情報]と進み、[ビルド番号]を連続でタップし続けます。

ビルド番号をタップし続けると、下記のようにメッセージが出て、デベロッパーモードがONになります。

(端末によってはパスワードの入力が必要な場合もあります)

開発者モードがONになったら、一つ戻ったシステムメニューに、「開発者向けオプション」という項目が表示されていますので、選択すると、開発者用の項目が表示されます。

その中に、「スリープモードにしない」というメニューがありますので、それをONにしてください。

これで、充電中はスリープに入らなくなくなります。

さらに、LiveCapture3 Android版の機能として、「自動起動」という機能があります。これは、LiveCapture3が背面に回ったり、終了したりした場合に、自動的に起動・最前面に表示する機能です。

詳しくはこちらを参照してください。

LiveCapture3 Androidの自動起動について

遠隔起動(LiveCapture3 Android版)

自動起動以外にも、LiveCapture3 Android版だけの機能として、LiveCapture3 Remoteから遠隔で、LiveCapture3の起動や終了ができます。

この機能を使えば、見たいときにLiveCapture3を起動し、映像を確認したら終了させる、という使い方も可能です。

中古のスマホでも十分

LiveCapture3 Remoteには、複数のLiveCapture3を登録できるので、様々な場所に設置したLiveCapture3を一括で管理できます。

LiveCapture3を追加するには、WiFi機能とカメラ機能が問題なければ、ディスプレイの割れた中古のスマホでも十分です。

高額な監視カメラを購入するまでのセキュリティはいらないけど、という場合には、LiveCapture3を試してみてください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です