Tp-Link Tapo C200との接続

TP-Link社製のTap C200を購入したので、RTSPでLiveCapture3と接続してみます。


【Amazon Alexa 認定取得】 TP-Link ネットワークWi-Fiカメラ ペットカメラ フルHD 屋内カメラ 夜間撮影 相互音声会話 動作検知 スマホ通知 Tapo C200 3年保証

専用ソフトでライブビューを表示する

まずは、説明書に従って、スマホアプリをインストールしてカメラを設定、WiFiに接続させて、スマホアプリでライブビューを表示させます。

RTSP接続情報の確認

Tapoシリーズは、下記のリンクに記載があるように、RTSPでの他社製アプリとの接続が可能です。

Tapoを使用したRTSPライブストリーミングの利用方法

これによると、RTSP 配信ポートは554、パスは/stream1とのことです。

カメラのIPアドレスは、専用スマホアプリのカメラ設定で確認できます。

これで接続情報はそろったのですが、このカメラは認証情報を設定しないと接続できないようですので、専用アプリを使って、RSTP接続のためのユーザ/パスワードを設定します。

RTSP接続ユーザ・パスワードの設定

専用スマホアプリで、接続するカメラのライブビュー表示画面の右上にある設定アイコンをクリックして、設定画面を開き、「高度な設定」⇒「カメラアカウント」と進みます。

表示されるカメラアカウント画面上で、ユーザとパスワードを設定してください。

これで、LiveCapture3と接続する準備が整いました。

LiveCapture3との接続

LiveCapture3を起動し、タスクトレイアイコンを右クリックで「カメラの追加」を選択して、RTSPカメラを追加します。

各設定項目は以下です。

  • アドレス:カメラのIPアドレス
  • ポート:554
  • パス:/stream1
  • 認証を行うにチェック
  • ユーザ/パスワード:設定したユーザ/パスワードを入力

これで、Tapo C200からの映像がLiveCapture3に表示されます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です