手のひらサイズ監視カメラの作り方

最近、ディスプレイサイズが3インチ以下の超小型Android端末が増えてきました。

これらの端末は、性能は若干低いものの、通常のAndroidと同じように使えます。

カメラの性能もほとんどがHD画質以上で、WiFiにも接続できます。SIMを指せば、携帯ネットワークにも接続できます。

こうした超小型スマホにLiveCapture3をインストールすると、超小型の手のひらサイズの監視カメラに早変わりです!

超小型なので、どんな場所にも設置でき、LiveCapture3 Remoteを使えば、外出先など、どこからでもライブ映像を確認できます。

 

LiveCapture3/LiveCapture3 Remoteの詳細はこちら

小型Android端末

小型のAndroid端末は色々あります。値段も数千円から数万円まで幅広くありますが、LiveCapture3を動かすだけであれば、性能は低くても問題ありません。

私は、以下の2つの端末を購入しました。

たばことの大きさ比較(Anica i8)
LiveCapture3を起動した状態(Unihertz Jelly Pro)

2019年8月現在、どちらも1万円以下で購入可能です。

(Anica i8 : 6千円程度、Unihertz Jelly Pro : 1万円程度)

他にも安いものだと5千円前後のものもありますが、技適マークがないものもありますので、使用する際は気を付けてください。

LiveCapture3のインストール

通常のAndroid端末と同じなので、LiveCapture3のインストールは、Google Playからインストールします。Android6.0以降の場合は、こちらを参考にして、スリープ状態に入らないように設定を変更してください。

使い方

非常に小さいので、いろんなところに設置できます。

場所によっては両面テープで張り付けるだけでOKだったりします。

また、遠隔起動もちゃんと使えますので、必要な時にだけ起動する、という使い方も可能です。

バッテリー容量が少ないので、充電は必要ですが、いろいろと使えて楽しめそうです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です